千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科
千葉県の矯正歯科・タカハシ矯正歯科 HOME>矯正治療のリスクについて

矯正治療のリスクについて

矯正治療のリスクについて
矯正治療のリスクについて

① 虫歯、歯周炎・歯肉炎
装置装着時はブラッシングがしっかりできていないと、虫歯や歯周炎等の心配があります。
正しいブラッシング指導を行い、口腔衛生状態をより良い状態に保っていただくことで、リスクを減らすことができます。

② 歯の痛み
装置装着後や、ワイヤーを交換した直後に痛みを感じることがありますが、数日で収まる場合が多いです。
また、冷たいものを飲んだ時にしみる「知覚過敏」を生じる場合がありますが、数日で改善されます。

③ 歯根吸収
歯の移動を行うことで、まれに歯根の先端に僅かに短くなることがあります。
適切な矯正力による治療では歯根吸収のリスクを最小限におさえることができます。

④ 歯肉退縮
歯肉退縮とは、歯ぐきのラインが下がることをいいます。
誤ったブラッシングで歯ぐきが傷ついたり、歯周病が原因で起こることがあります。
また、矯正治療でも歯を動かすことで、歯ぐきが下がる場合があります。特に、上下の前歯や歯の凹凸が大きい患者様の治療に起こることがあります。

⑤ 治療期間の延長
成長途中の患者様の治療では、顎骨の成長を予測し、治療目標に向かって治療を行います。
治療の途中でまれに予期せぬ顎の成長変化により、治療法および治療期間を変更することがあります。
顎の変化が強い場合は、矯正治療と外科的治療を併せて行うことがあります。
また、患者様の協力により大きく左右されることがあります。歯や骨の状態や、歯の動きを妨げる癖がある場合も、治療期間が長くかかることがあります。

⑥ 後戻り
矯正治療が終了しても、歯は元の位置に戻ろうとする傾向があります。
そのため、一定の期間動かした歯を適切な位置にとどめておく「保定」が必要となります。
歯の位置が安定するまでの間(保定期間)には個人差があるので、治療後も担当医の指示を守りましょう。