千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科
千葉県の矯正歯科・タカハシ矯正歯科 HOME>乳歯列・混合歯列の矯正治療


| 乳歯列・混合歯列の矯正治療 |

すぐに治療を開始すべき主な状態とは

①不可逆的な変化を起こしてしまう状態

すぐに治療を開始すべき主な状態 ①不可逆的な変化を起こしてしまう状態
左写真の様に部分的にかけてしまったり、咬み合わせが悪い事によって
歯がぐらぐらに成ってしまうような状況です。 この様な状況ではすぐに改善が必要です。

第1期治療のみで(取り外しの出来る装置)で改善しました。
永久歯全ての咬合を確認し治療が終了しました。

 
②反対咬合などの骨格的な問題を助長する可能性があるもの

すぐに治療を開始すべき主な状態 ②反対咬合などの骨格的な問題を助長する可能性があるもの
反対咬合の多くは、永久歯の前歯が逆に咬合していればあれば対応を します。
ただし症状により、乳歯から開始したり、骨格の成長がおさまるのを待つ 場合があります。
いずれの場合も、反対咬合であれば早めにご相談を成されて下さい。




③顎の偏位を起こす可能性があるもの。

すぐに治療を開始すべき主な状態 ③顎の偏位を起こす可能性があるもの。
写真は乳歯列の交叉咬合(横へのずれ)です。
この様な症例は、骨格的に側方偏位を助長する可能性が考えられるため出来るだけ早期に治療を開始します。
下のレントゲンは骨格的な偏位が認められる症例。

④成長を治療上利用したい症例

すぐに治療を開始すべき主な状態 ④成長を治療上利用したい症例
骨格のコントロールを行う上で、成長を止める事は出来ませんが、成長を促す事は有る程度可能です。
例として、反対咬合の上顎の成長促進や、骨格的な上顎前突に対する下顎成長を促す治療です。
本症例は、下顎の成長が少ない事により、上顎前突を呈してる症例です。
第1期治療として、バイオネーター(取り外し可能な装置)を用いて、下顎骨の成長を促し、外に傾斜した出っ歯気味の歯を舌側に移動させ、咬み合わせの深い状態の改善を図りました。本症例も第1期治療のみで治療が終了致しました。

⑤歯の保護

すぐに治療を開始すべき主な状態 ⑤歯の保護
 著しい前歯の前方傾斜などは、人にぶつかったり、鉄棒にぶつけたり、外傷を受ける確立が高いためこの様な状況も第1期治療である程度改善する事が有ります。

⑥コンプレックス等

すぐに治療を開始すべき主な状態 ⑥コンプレックス等
患者さんが、強いコンプレックスが有る場合、時間をかけてでも少しずつ、第1期治療から改善する事が有ります。

⑦悪習癖、過剰歯等と関連する症例

すぐに治療を開始すべき主な状態 ⑦悪習癖、過剰歯等と関連する症例
左上:吸指癖(指しゃぶり)、または爪かみ。 (ただし乳児の指しゃぶりは生理的現象。)  
開咬症(咬まない)、上顎前突(出っ歯)の原因と成ります。

左2番目  :舌小帯付着異常
舌の運動規制が有ります。典型的な症例は左のように上顎に舌をつける事が出来ず、舌全体がハートの形をしている事が判ります。 開咬症の原因と成ります。

左3番目  :弄舌癖(ろうぜつへき) 舌を突き出す癖。開咬症の原因と成ります。

左下と右下 :過剰歯、過剰埋伏歯過剰歯とは本来は無いはずの余計な歯。好発部位は、上顎の中央。 この様な歯が有る場合真ん中の歯が寄らず隙間が開く正中離開の原因と成ります。

右 上   :咬下唇癖(下唇をかむくせ)上顎前突の原因と成ります。

右2番目  :上唇小帯付着異常(じょうしんしょうたい)  付着が強い場合、真ん中の歯が寄らず隙間の空く、正中離開の原因と成ります。

左3番目  :アデノイド肥大:扁桃腺が大きく腫れやすい場合に、空気の通り道の問題から、上顎前突や開咬症の原因となる場合があります。口呼吸でも同様な状態が認められる事が有ります。
⑧その他にも、早期に対応すべき状態は有ります。

すぐに治療を開始すべき主な状態 ⑧その他にも、早期に対応すべき状態は有ります。
不正咬合に気づかれたら早めにご相談下さい。 患者さんにとって最良の開始時期時期、方法を検討致します。
当院の矯正治療対応範囲
・矯正歯科
・歯列矯正
・成人矯正
・小児矯正
・非抜歯矯正
・外科的矯正歯科治療
・外科矯正
・矯正専門
・ムーシールド
・舌側矯正
・クリアアライナー