千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科

非抜歯と抜歯による治療

永久歯列の治療方針について(第2期治療)

永久歯列期の全体的な治療の方針は、非抜歯、抜歯を併用するもの、および外科手術を併用するものの三つに分けられます。

永久歯列の治療方針について(第2期治療)
診断時に診る抜歯・非抜歯のポイント

矯正歯科治療では、主に三つのポイントから抜歯、非抜歯を診断いたします。
1.歯と顎の大きさの比率
2.上下顎の偏位
3.口元の状態

診断時に診る抜歯・非抜歯のポイント
治療方針の見直しを行った患者さん

主訴の改善の観点から非抜歯でも、抜歯でも治療が可能な患者さんです。 非抜歯の場合、上顎の前歯を前方に移動する方法、抜歯の場合下顎の前歯を後退する方法に成ります。

治療方針の見直しを行った患者さん
非抜歯による治療

叢生、過蓋咬合、上顎前突

本症例は、歯並びのガタガタも強く奥歯の咬み合わせも前後的にズレの認められます。

非抜歯による治療
抜歯症例

反対咬合、開咬、叢生

本症例は、ガタガタが強く、奥歯の咬み合わせも前後的にズレの認められます。 

抜歯症例
当院の対応

当院では、非抜歯治療の医療的限界と思われる治療について、多くの症例数を持ち、学会においても多数発表させていただいております。

当院の対応
当院の矯正治療対応範囲
・矯正歯科
・歯列矯正
・成人矯正
・小児矯正
・非抜歯矯正
・外科的矯正歯科治療
・外科矯正
・矯正専門
・ムーシールド
・舌側矯正
・クリアアライナー