千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科


| 非抜歯と抜歯による治療 |

永久歯列の治療方針について(第2期治療)
永久歯列の治療方針について(第2期治療)
永久歯列期の全体的な治療の方針は、非抜歯、抜歯を併用するもの、および外科手術を併用するものの三つに分けられます。

全ての患者さんに対して、抜歯をせずに、手術をせずに、良質な矯正歯科治療を提供したいという想いは矯正歯科医にとって共通です。 しかし、患者さん各々の骨格的な形態や歯の大きさも個人差が有ります。
そのため全ての患者さんに対して同一治療方針のみで対応する事は残念ながら出来ません。

矯正歯科医学の診断学は、レントゲン写真、模型分析などの様々な分析項目に患者さんの条件 を含めて決まりますが、抜歯非抜歯の根拠を出来るだけ判りやすく解説を加えましたのでご一読下さい。


永久歯列全体の3つの治療方針

・非抜歯による矯正歯科治療

・抜歯を併用した矯正歯科治療
・外科手術を併用した矯正歯科治療
当院の矯正治療対応範囲
・矯正歯科
・歯列矯正
・成人矯正
・小児矯正
・非抜歯矯正
・外科的矯正歯科治療
・外科矯正
・矯正専門
・ムーシールド
・舌側矯正
・クリアアライナー