千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科


| 非抜歯と抜歯による治療 |

治療方針の見直しを行った患者さん
治療方針の見直しを行った患者さん
:初診時
受け口の典型として下口唇の突出が認められる。

中央:非抜歯で上の前歯を前方に移動したところ。
 この様に歯並びと咬み合わせのみの治療で有れば非抜歯で十分改善が可能です。 しかし上顎の前歯の前方へ移動に伴い、上唇が出て上下の口元がこんもりした状態と、チンボタン(梅干し様のオトガイ)が認められ患者さんも改善希望されました。 

:患者さんとの話し合いの上、抜歯による治療方針を最終的に決定しました。咬み合わせも、口元も良好な状態に成りました。

主訴の改善の観点から非抜歯でも、抜歯でも治療が可能な患者さんです。
非抜歯の場合、上顎の前歯を前方に移動する方法、抜歯の場合下顎の前歯を後退する方法に
なります。
歯の位置移動に伴い口唇の位置は移動するため非抜歯の場合、上唇が出て口元の突出が予測されますが、当初、患者さんのとの話し合い希望により非抜歯にて治療を進めて行きました。
しかし治療経過として、口唇の改善も希望されたため抜歯治療へと変更いたしました。
この様に、咬合はどちらでも出来ても口唇との関連、口が閉じにくい状態の改善は重要な鍵と言えます。
当院の矯正治療対応範囲
・矯正歯科
・歯列矯正
・成人矯正
・小児矯正
・非抜歯矯正
・外科的矯正歯科治療
・外科矯正
・矯正専門
・ムーシールド
・舌側矯正
・クリアアライナー