千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科


| 非抜歯と抜歯による治療 |

抜歯症例
抜歯症例
主訴:反対に咬んでいる 前歯で噛めない
診断名:反対咬合、開咬、叢生
年齢:16歳
装置:マルチブラケット装置
抜歯部位:上顎5番、下顎4番
治療期間:3年2ヶ月
治療費:「料金システム」参照
リスク:「矯正治療のリスク」参照






反対咬合、開咬、叢生

本症例は、ガタガタが強く、奥歯の咬み合わせも前後的にズレの認められます。 口元も若干出ています。
この様な症例では、抜歯による治療が望ましく、非抜歯で行う場合口元の突出を招き口が閉じにくくなるタイプです。 治療前後でオトガイの形態が違うのは、下唇からしたの軟組織の緊張がほどけたため、極めて良好なオトガイの形態、軟組織側貌観が認められます。