千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科


| 限局矯正歯科治療 |

倒れた奥歯への限局矯正歯科治療
倒れた奥歯への限局矯正歯科治療
歯とは歯お互いに支え合いをしているため、もし歯が抜けてそのままにしておくと隣の歯が倒れたり、咬むべき歯がせり出したりします。(左図)
そのような状況に成らないためにももし歯が抜けたらすぐに補綴(ブリッジ、入れば、インプラント等を行う必要が有ります。

歯は支え有っています。





しかし実際に歯が倒れてきたなどの状況がある場合には、限局矯正歯科治療により改善しないと良好な補綴治療が行えません。

症例


主訴:うまく咬めない
診断名:第二大臼歯の近心傾斜
年齢:56歳
装置:マルチブラケット装置
抜歯部位:下顎
治療期間:8ヶ月
治療費:「料金システム」参照
リスク:「矯正治療のリスク」参照

本症例は、右下の第一大臼歯が虫歯によって喪失歯長期に放置した結果、その後ろの第二大臼歯が前に倒れてしまった状態です。

倒れた奥歯への限局矯正歯科治療-症例

この様な状況では良好な補綴治療が行えませんので、第二大臼歯を限局矯正歯科治療によって起し、ブリッジにて補綴致しました。
ブリッジとは、(左図参照)喪失した歯の部分を残っている歯を、橋げたとしてブリッジ(橋)を架ける治療です。
橋げたが倒れていれば良い橋は掛けられません。
当然、起こしてから治療する方が良いのですが、残念ですが日本の歯科医療は保険という枠組みの中に歯を動かす概念が入っていないため多くの場合、倒れたままでの治療という範囲で治療が成されていました。
近年は、インプラント補綴の前処置として限局矯正歯科治療を行う症例が徐々に増えています。
ようやく、欧米での常識の歯を動かす事を含めた補綴治療が成されて来ました。