千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科

唇顎口蓋裂の矯正治療の進め方

唇顎口蓋裂の矯正治療の進め方 「2phase 3step method」
Step1:顎骨に対する治療

乳歯列期の拡大治療 (3~5歳)
① 顎歯列弓に対する憤り方あるいは前方拡大治療

Step2: 混合歯列期の拡大治療

① 久前歯の反対咬合に対する被蓋改善が主体で、上顎前歯の前方拡大あるいは上顎骨の前方牽引(混合歯列前期) (6~10歳)
②永久歯側方歯群に対する側方拡大(混合歯列後期) (11歳~)

PhaseⅡ 各歯に対する移動が主体
Step3 固定式矯正装置(ブラケットとワイヤー)による個々の歯牙の不正に対する矯正治療

固定式装置による治療は、非抜歯、抜歯、外科的矯正歯科治療に大別される。
顎裂が有る場合、上顎骨の成長が弱く、上下の顎骨の位置関係に著しい不調和が認められる際には、外科的矯正歯科治療の選択となる場合がある。

●外科的矯正治療
骨格性反対咬合の成人例に対しては、下顎骨・上顎骨あるいは上下顎の両顎に対する外科的矯正歯科治療を行う場合がある。

保定
矯正歯科治療が終了して矯正装置を除去すると、治療の後戻りを防止し、歯牙欠損を補う目的でリテーナーを装着して定期診査に入る。
その問に破裂部の歯牙欠損に対しては、ブリッジによって補綴治療で永久保定をして仕上げて完了する症例が多い。
当院の矯正治療対応範囲
・矯正歯科
・歯列矯正
・成人矯正
・小児矯正
・非抜歯矯正
・外科的矯正歯科治療
・外科矯正
・矯正専門
・ムーシールド
・舌側矯正
・クリアアライナー