千葉県の矯正歯科|タカハシ矯正歯科

矯正装置

矯正歯科治療に用いる装置について
取り外し可能な装置 (主に子供の治療に使用するものの一部)



床矯正装置



「床矯正」(プラスティックのプレート状の矯正装置で、患者さんご本人で取り外しが可能なものです)は矯正歯科装置としては最も古いタイプの装置として、長い間矯正歯科治療に使用されています。
主な目的は,数歯の移動や,歯列弓の拡大を主な目的とした装置です.
この装置は、取り外し可能なメリットが有りますが、複雑な歯の移動は行う事が出来ません。
そのため、限局的な目的に対応するための装置で,複雑な歯の移動には不向きなため,
一般的に混合歯列期に使用します。

近年あたかも床矯正装置により全ての治療が行えるかの様な誤った認識が一部認められます。
症例により本装置のみで改善が図られる場合も有りますが、装置の構造上、各々の歯のコントロールには不向きであり、また上下顎に渡る咬合を本装置にて改善する事は、物理的に困難です。
取り外しが可能なため当院では家にいる時の使用を基本としています。
このような床矯正装置だけで、終了できる患者さんは全体の1/2~1/3程度と考えられます。従って本装置による、改善できる範囲、目的を必ず診断時に主治医の説明を受けて治療される事をお勧め致します。
(乳歯列期・混合歯列期の矯正治療参照)

床矯正装置のみで改善が不可能な症例では、固定式矯正装置の限局使用や、第2期での治療を行う必要が生じます。ですので、必ずそのような、対応の出来る矯正歯科医のもとで治療を行う事をお勧め致します。 永久歯列期(第2期治療)

  
バイオネーター  
成長に一時的に影響を与えることを目的とした装置です。
取り外しが可能なため当院では家にいる時の使用を基本としています。


ムーシールド
ムーシールドは、取り外しの出来る既製の反対咬合治療に主に使用される装置です。
最大の利点は、既製装置を使用する事で、印象というお口の型取り(粘度の様な素材)が苦手な低年齢児にはメリットがあると思います。
私の臨床的応用は、あくまでも数ある治療の選択肢の一つであり、効率性の面や、他の不正の度合いから他の装置と比較し処方します。
そして最も大切な事は、この装置だけで患者さんの持つ全ての不正咬合が改善される事ではなく、多くの場合仮にこの装置で反対咬合を治しても、後から出てくる永久歯が必ず綺麗にならび、しっかりと咬合できるとは限りません (乳歯列期・混合歯列期の矯正治療参照)
そのような場合には、永久歯列期(第2期治療)での対応が必要ですので、当院ではこの様な場合の対応についても充分に説明を行い納得の上で治療を開始するように努めています。


顎外固定装置


ヘッドギア
奥歯の前方移動の抑制、奥歯の後ろへの移動、上顎に対する成長抑制として使用されます.
(可能な患者さんにはインプラント矯正により代用をはかる場合が有ります)

フェイシャルマスク
上顎に対する成長促進および上顎歯列の近心移動の固定源として使用されます.


永久列期に使用する主な矯正装置



ブラケットという歯に固定する装置と、ワイヤーの復元力、エラスティック(ゴム)などを歯の移動を行います。
院長は日本人(アジア系民族)の歯の特徴に合わせて効率良く移動可能なブラケット装置の開発研究に、深く関わった経緯があります。(OPAK 勤務医時代の小坂肇先生の元で開発)
また、ワイヤーも形状記憶合金の使用により移動効率があがっています。
患者さんにとって気になる点は装置の審美性です。
近年は,ブラケットの小型化,透明化により審美的に優れた材料が開発され,また矯正患者の増加により,社会的に矯正歯科治療の認知度が向上したため,装置への抵抗は以前に比較して少なくなった印象があります。
当院では基本的に前歯は透明な装置を使用しています。
また適応症であれば、どの様な装置の選択も行えます。(例 デーモン装置など)
写真上はOPAK透明な装置。
下は、カラーリングで止めた状態。
(米国では遊び心いっぱいでこの様なリングも使います!当院でも対応可能です!)


舌側矯正装置


舌側治療は見えない事がメリットです。
しかし、適応症が限られ、治療期間の延長や費用が高くるデメリットが有ります。
舌側での治療を希望される場合、適応、問題点などをよく調べて話し合いの上で進めます。
また、外見上良く見える上顎だけを舌側装着して、下顎を唇側につけるコンビネーションの方法は良く選択されます。
舌側治療は、対応できる矯正歯科医院も限られるため、転勤による転医なども良く考えなくてはなりません。


取り外し可能な透明な矯正装置(クリアアライナーなど)

クリアアライナー は本来ブラケットにより全体的な移動を行った後に安定を図るための保定装置を改良してつくられた装置です。
開発は知人でもある韓国ソウル市開業の 金泰元先生が行いました。
ただ実際の適応症例は、まだ限られています.

今後の本装置の臨床応用の幅が広がる事を期待いたします。

写真の本は韓国の金先生の著書を大学先輩の渡辺和也先生、後輩の平岡修先生が翻訳、加筆された物です。
特に平岡先生は公私ともに付き合いが深く、本書が出来た際の記念に謹呈いただきました。
ひらおか矯正歯科(新宿) 渡辺矯正歯科 (吉祥寺)
 

インプラント矯正(矯正用マイクロインプラント矯正)



矯正歯科治療における21 世紀のトピックスとしてインプラントの矯正治療への応用が挙げられます.
主に,太さ1.4 ~2.0mm,長さ6 ~10mm 程度のミニスクリュータイプのインプラントを,単独植立タイプと,プレートをビスにより固定し,そこから歯を牽引するタイプに分けられます.(埋入時間は30秒程度、簡単な麻酔の上に行いますのでほぼ無痛です)
いずれも,動的処置後に除去します.
これにより,奥歯の固定、今までは矯正歯科治療の適応とならなかった症例や外科的矯正歯科治療のボーダーケースに対する貢献は特筆に値します.
またヘッドギアの使用を減少させ、患者さんにとっては朗報と言えます。(ただし,骨の柔らかい若年者への使用は困難です.)インプラント矯正は、まだ適応している矯正歯科も少ない状況ですが今後は矯正の固定用装置としては主流となるものと思います。
当院は、世界でも最も早くインプラント矯正の導入をした診療所の一つだと思います。
当院の矯正治療対応範囲
・矯正歯科
・歯列矯正
・成人矯正
・小児矯正
・非抜歯矯正
・外科的矯正歯科治療
・外科矯正
・矯正専門
・ムーシールド
・舌側矯正
・クリアアライナー